​ヒカリ産業株式会社
岡山県岡山市東区西大寺浜460
TEL:086-943-1150

安全に対する取り組み

輸送の安全に関する基本方針【運輸安全マネジメント】

1.社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たす。

2.現場における安全に関する声に真摯に耳を傾けるなど現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させる。

3.輸送の安全に関する計画の策定・実行・チェック改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって業務を遂行することにより、絶えず輸送の安全性の向上に努める。また、輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

■運輸安全マネジメントの導入にあたって

  トラック運送事業差にとって、「輸送の安全の確保」は最大の使命です。私たちヒカリ産業株式会社は「安全は全てに優先する」

​  を全社共通の安全スローガンとして、これまで数々の取り組みを行って参りました。

  2006年10月施行の改正道路運送法及び改正貨物自動車運送事業法により、旅客・貨物を問わずすべての運送事業者は、

  『運輸安全マネジメント』を導入し、『輸送の安全の確保』が最も重要であることを自覚し、絶えず運送の安全性の向上に

  努めなければならないという安全確保義務が明確となりました。

  私たちは、運輸安全マネジメントを導入し『輸送の安全の確保』が最も重要であるという意識を経営トップから現場の乗務員

  まで浸透させ、輸送の安全に関する「計画の策定・実行・チェック・改善(PDCA)のサイクル」を活用して、グループ全体の

  輸送安全の確保と向上を継続的に行うことにより高安全・高品質な物流サービスをお客様にご提供いたします。

  皆様から、「安全ルールを守る企業」と信頼を頂くこと、それが私たちヒカリ産業の願いです。

2019年4月1日

 

​ヒカリ産業株式会社 代表取締役 長田義光

■輸送の安全に関する目標(2019年度)

期間:2019年4月1日~2020年3月31日

1.無事故・無災害・ノートラブルの実現

  目標:事故・災害ゼロ

  達成状況:自動車事故報告規則に基づく交通事故 0件

2.法令遵守(コンプライアンス)

■輸送の安全に関する目標の達成状況(2018年度)

期間:2018年4月1日~2019年3月31日

1.事故状況:自動車事故報告規則に基づく交通事故 0件

2.教育・指導体制

  安全衛生委員会を軸に、法令遵守のための組織・教育・指導体制など体制造りを行った。

■自動車事故報告規則第2条に規定する事故に関する統計(2018年度)

期間:2018年4月1日~2019年3月31日

  転覆事故 :0件

  転落事故 :0件

  衝突事故 :0件

  死傷等事故:0件

  その他事故:0件

  合計   :0件

 自動車事故報告規則第2条に規定する事故は発生しておりません。

■輸送の安全に係わる処分

期間:2018年4月1日~2019年3月31日

  貨物自動車運送事業法 第17条第2項に示す違反は無し

■安全活動、取り組みに関する重点施策

1.輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底し、関係法令及び本規定に定められた事項を遵守すること。

2.輸送の安全に関する費用支出及び投資を積極的かつ効率的に行うよう努めること。

3.輸送の安全に関する内部監査を行い、必要な是正措置または予防措置を講じること。

4.輸送の安全に関する情報の連絡体制を確立し、社内において必要な情報を伝達、共有すること。

5.輸送の安全に関する教育及び研修に関する具体的な計画を作成し、これを適確に実施すること。

6.当社及びグループ各社が密接に協力し、一丸となって輸送の安全性の向上に努める。

7.協力会社を利用する場合にあっては、協力会社の輸送の安全の確保を阻害するような行為を行わない。さらに、協力会社と

  長期契約を結ぶなどの密接な関係にある場合は、可能な範囲において協力会社の輸送の安全の向上に協力するよう努める。

8.輸送の安全に関する目標を策定する。

​9.輸送の安全に関する計画を策定する。